クルマ関連書籍トップ書籍−シリーズ書籍−CG選集リストページ書籍−シリーズ書籍−CG選集詳細ページ

CG選集
ポルシェ911
──964/993/996/997

別冊単行本編集室 編

定価 3240円(本体価格 3000円)
B5判変型・カラー/モノクロ560ページ・2006/04刊行
・ISBN4-544-91512-0

在庫切れ

真打登場

CG選集についに「ポルシェ911」登場!


 嬉しい悲鳴というのはこのことを指すのだろう。一冊の本を編むに当たって素材に乏しい車もあれば、ありすぎて困る車もある。ポルシェの場合はむろん後者である。

 「通読できる、詳しい、バリュー・フォア・マネー」で好評を博すCG選集シリーズに、いよいよポルシェ911が登場する。スポーツカーの勧進帳とあって、CGが創刊以来格別の関心を抱きつつ採り上げてきたのはご承知のとおり。したがって、この企画に着手した時点からさぞかし大部な本になるだろうことは予想されていたが、案の定、過去CGに載ったポルシェに関する記事を集めてみると1990年以降だけで優に1500ページを超えた。いくらマニアックな読者が多いポルシェでもこのままでは本として成立しないのは明らかだ。そこでやむなくカイエンを落とし、ボクスターは別立てにし(別途、CG選集ボクスターとして発売中)、本命の911だけに絞ったのがこの選集である。

 だが、そこでも議論があった。なぜなら、生誕以来40年を超える911はそのすべてを収録するわけにはいかず、かといってどこで切るかは人それぞれ。各人にとっての“ヴィンティッジイヤー”はそれこそ何十とあるからだ。

 結局、今日に至る“モダーン・ポルシェ”の観点からはカレラ4やティプトロニックが初めて登場した(コードネーム)964が相応しかろうと衆議一致、それ以降最新モデルまでを収録したのがこの選集というわけである。ほかに959やカレラGT、RUFの各モデルも掲載。トータルで560ページとなったが、これは数あるCG選集の中でもフェラーリ(1)のそれに次ぐ分厚さだ。とにかくモダーン・ポルシェの変遷が一目瞭然だから、この際、ぜひお手許に!


★ 他に『CG選集 ポルシェ・ボクスター/ケイマンS』、『CG選集 フェラーリ』、『CG選集アルファ・ロメオ1/2/3』など好評発売中

★ 『CG選集』は月刊誌CGのリプリント集です。特定のメイクやモデルに焦点を当て、それだけを集めました。

★ 創刊40年以上になるCGの記事の量は膨大です。したがって、『CG選集』はそのクルマのことをデビュー当時まで遡り、体系的かつ正確に知ることができます。資料性の高さは他の追随を許しません。

★ リプリント集であるため、コスト・バリューに優れています
クルマ関連書籍トップ書籍−シリーズ書籍−CG選集リストページ書籍−シリーズ書籍−CG選集詳細ページ

お問い合わせ → info@nigensha.jp


特定商取引法に基づく表示について