ホンダN360
クルマが楽しかったあの頃

伊東和彦 著

定価 1944円(本体価格 1800円)
A5判・144ページ・2013/04刊行
・ISBN978-4-544-40061-8

忘れられない日本の名車!

クルマで遊ぶのが一番カッコよかった!
日本車の青春時代を鮮やかに走り抜けたホンダN360。
若者がNとつくり上げた自動車カルチャーの熱気を伝える。


小さな自分だけの空間を手に入れた若者たちは
ドライブに出かけ、ファッションに合わせて愛車をドレスアップ。
休日はサーキットでレジャーを楽しんだ。
クルマが最先端の流行を生んだ時代にあったN360を主題に
自動車の魅力とはなにかを探す。


● 目 次

はじめに

第1章 いまあらためてNに乗ってみる
ホンダの新世代Nシリーズ
私にとっての“N360”体験
45年を経たあこがれとの邂逅

第2章 Nの誕生――小さなボディと居住性の両立
N360の誕生
先進の設計──前輪駆動レイアウトの採用
後ろから前へ──過渡期にあった小型車のレイアウト
31馬力を誇る驚異のパワー
スペース効率を重視した足まわり
価格設定も型破り

第3章 スーパーカブはNTに載せて
土屋一正さんに聞く――N360とTN360は社用車として毎日乗りました
ユーザー予備軍の子供に優しさ
販売会社へ入社
営業車はNとTN
ユーザーを繋ぐ連帯感

第4章 Nの快進撃
瞬く間にベストセラーへ
新グレード追加
AT、サンルーフ、Tシリーズが登場

第5章 Nと若者が創造した日本の自動車カルチャー
16歳で取得できた軽免許
チューンナップで個性を主張
流行となったドレスアップ
モータースポーツへの誘い

第6章 Nから手作りしたFJマシーン、エイプリル
高校生1年の春
高校生でジムカーナ出場
N360から学んだ
木村さんのアドバイス
FJを自作する
手作業で完成したFRPボディ
再び、原点Nへ

第7章 N誕生までの背景――国民車構想とホンダ
国民車構想で近づいた“マイカー”
本田社長が考えた四輪車像と軽自動車計画の発端
特振法による参入の壁
モーターショーでホンダ・スポーツ、デビュー
初の生産車、軽トラックT360
Nに受け継がれたスポーツイメージ
待望の3C
世界2位の自動車生産国に成長
進むインフラ整備

第8章 降りかかった欠陥車騒動
アメリカから飛んできた火の粉
ユーザーユニオン事件
Nからライフへ

第9章 “マイカー時代”と“クルマ離れ”時代
ホンダと若者の共鳴
クルマ好きが生まれた時代
クルマ離れする若者
クルマ離れの実体
魅力はどこへ
クルマの魅力を知っている大人たち

あとがき



【 好 評 既 刊 】

■HONDA 明日への挑戦――ASIMOから小型ジェット機まで

■THE PURSUIT of DREAMS The First 50 Years of HONDA――独創と挑戦の50年

■CG選集 ホンダ・シビック



お問い合わせ → info@nigensha.jp


特定商取引法に基づく表示について