書道・美術関連書籍トップ書道−名蹟・作品集一覧ページ書道−名蹟・作品集詳細ページ

王鐸の書法〈全5冊〉

村上三島 編

各5403〜5460円

A4判・206〜266頁


書道史上で明末清初といえば、長条幅が出現し、連綿行草の盛行した特記すべき時代である。董其昌、張瑞図、黄道周、倪元璐、王鐸、傅山など諸名家が輩出し、作品は日本にももたらされ、大きな影響を及ぼしてきた。その代表的な存在が王鐸である。本シリーズは、内外の新資料をことごとく網羅した、初の王鐸書法全集。作品のすべてを全景写真と拡大写真で掲載し、作品ごとに編者の精到な書法解説を付した。

王鐸の書法[巻子篇1]

村上三島 編 定価 5558円(本体価格 5146円)

A4判・246頁・ISBN4-544-01338-0

在庫切れ

王鐸の書法[巻子篇2]

村上三島 編 定価 5558円(本体価格 5146円)

A4判・224頁・ISBN4-544-01342-9

在庫切れ

王鐸の書法[冊篇]

村上三島 編 定価 5616円(本体価格 5200円)

A4判・266頁・ISBN4-544-01355-0

在庫切れ

王鐸の書法[條幅篇]

村上三島 編 定価 5616円(本体価格 5200円)

A4判・262頁・ISBN4-544-01345-3

在庫切れ

王鐸の書法[琅華館帖]

村上三島 編 定価 5616円(本体価格 5200円)

A4判・206頁・ISBN4-544-01358-5

在庫切れ
書道・美術関連書籍トップ書道−名蹟・作品集一覧ページ書道−名蹟・作品集詳細ページ

お問い合わせ → info@nigensha.jp


特定商取引法に基づく表示について